大手で安心のローン一本化の審査に通る

住宅ローンを借りる際にカードローンを利用していると審査に不利に働くという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、必ずしも不利になるとは限らないという意見もあります。

ただ、お金に困っているからカードローンを利用しているということには変わりありませんので可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はおまとめローンを利用して借入先を1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますがすでに取引実績がある金融機関で滞納なく返済していれば逆にプラス評価となります。

更に住宅ローンの利用者には優遇金利が適用になったりもしますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローン審査を受けてみるのもアリだと思います。

何件もの金融業者からお金を借りていると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

多重債務している人は与信限度額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

金利の設定は借入限度額が高いほど低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが有利になります。

そうは言っても、多重債務者は金融機関では敬遠されますので返済額の全てを完済できる金額を融資してもらうのはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンはそのような多重債務者を救済するための商品なので前向きに検討することをおすすめします。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融の場合、貸金業の返済のみに限定されています。

銀行のおまとめローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

多重債務者を救済するための商品がおまとめローンですが借入先が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社でセーフ、4社でギリギリ、5社でアウトと言われていますがアウトな人でも審査に通る策が無いか考えてみましょう。

真っ先に行う事は、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから利用限度枠を計算して完済できるローンを洗い出しましょう。

審査では借入件数よりも過去の返済状況ですから事故さえなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

おまとめローンは頻繁に利用するものではありませんから利用を考えている多くの人が、わからないことだらけに頭を悩ませていることかと思います。

手続きに必要な書類や、返済方法などといった疑問は各金融機関のホームページに掲載されている「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金がいくらになったら、おまとめローンを考えたほうがよいかといった一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトには消費者金融と銀行のメリット・デメリットも紹介されていますし金利やサービス内容なども比較されているので、非常に分かりやすいです。

審査に通るポイントや、通らない人の傾向などこれから組もうとする方にとって非常に有益な情報が多いので初めておまとめローンを組もうと考えている人は、必ず目を通すようにしましょう。

マイカーローンは5年から7年の返済期間ですからショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品なので毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

ローン返済中に給料が下がってしまったり転職などで収入が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行が提供しているおまとめローンならその方向性でも問題ないと思うのですが消費者金融のおまとめは、マイカーローンの返済には使えないかもしれません。

と言うのも、消費者金融のおまとめローンというものは貸金業者からの借入れ金を1つにまとめるものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外なのです。

信販会社を利用して組んだマイカーローンのキャッシング枠だったら対象ですがショッピング枠であれば利用することはできません。

おまとめローンの手続きを円滑に進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり主に運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類が必要になります。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融の場合50万円以上、銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。

おまとめローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

おまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、これら全て問題が無いと判断されれば審査を通過することができます。

年収は多い方がもちろん有利となりますが、肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと有利になりフリーターや入社1年未満という人は評価が厳しくなります。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

おまとめローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるので毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

おまとめローンもキャッシングローンなので審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を数値で比較しますと銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

引用:ローン一本化審査誰でも通る?金利は安くなる?【Q&A】

いずれの金融機関からおまとめローンを借りるにしても毎月の返済金額を減らすという場合は返済期間が長くなる事を忘れてはいけません。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンは複数社から借り入れていた借金を1つにまとめるためのローンで月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減ることで経済的な負担が軽減するというメリットがありますがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が通れば、低金利で融資を受けられることになります。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングサービスがあります。

一般的なカードローンとの違いは総量規制の例外貸付が適用されていることや追加で借りることができない返済だけのカードローンだということです。

利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですが即日審査、最短即日融資は銀行のおまとめローンではなかなか真似ができません。

銀行のおまとめローンよりも限度額が低めに設定されていますが安定継続した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでも申し込むことができます。

現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

数社から借り入れているローンを1本化できるおまとめローンを利用するとバラバラな返済日を一括管理することができます。

良いことばかりのようなイメージのおまとめローンですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

おまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますがおまとめローンだからと言って、審査が甘くなることはありません。

収入が減ったので毎月の返済額を下げたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようで意志が弱い人は、完済した金融業者から再び借入れをすることがあるようです。

おまとめローンの手続きで一番手軽な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web完結とweb申し込みは間違えがちですが申込から契約まで、全工程がインターネットで完了するのはweb完結の方です。

web申し込みはネットで申し込み手続きができるだけなので必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。

銀行系消費者金融のアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンと言う名前のキャッシングサービスがあります。

通常、消費者金融の融資は総量規制の対象となりますがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

総量規制が適用されない例外貸付とは新規借り入れ分を含めた借入総額が年収の1/3を超えても融資が認められるというものです。

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、逆に最低金利は借換え専用ローンの方が高めの設定です。

借換え専用ローンで借りたお金は何に使っても良いというわけではなくクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

おまとめローン審査が難関な人は通らない原因をつきとめることが先決です。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査がありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収は高い人なら余裕で審査通過できると思われがちですが年収の三分の一を超える借入総額は審査に通らないと思ってください。

属性審査は安定度や確実性の判断材料となり公務員や大企業の社員なら信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者は好まれませんので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。