光ファイバーでも遅くなることがある?

早いといわれている光ファイバーが定まらない理由のひとつには、光ファイバーは、近隣住居やマンションの中などで回線を分配しているため、通信量が多い住人がいる場所では重くなってしまうことがあります。
通信量が多くなる週末や夜などの時間帯に特に遅くなり、定まらない場合はこのわけかもしれません。
フレッツではクレームが多数集められており、その中の一つに加入してから一ヶ月程度経った頃に、唐突にネット接続ができなくなるといったことがあります。
この例の場合、初期設定に不具合があることが分かって、無事に使うことが出来るようになったみたいですが、そのようなクレームは日毎に寄せられているようです。
NTTの光ファイバーを利用したデータ通信回線であるフレッツ光は、大会社のNTTの回線だけあってエリアの広さや通信速度もハイクオリティなサービスを提案しています。
他のNTTと同種の企業も値段などで対抗しており、大きな開きが見られなくなってきていますが、シルバーの方たちからするとNTTが確かだと思う人が大半だと思います。
引っ越す場合や速度の問題などでインターネット回線を変更するケースや新しく回線を申し込む時は、キャンペーンをやっている時に申し込むとお得でしょう。
おなじみのフレッツもキャンペーンをしょっちゅうやっていますので、まめにチェックして調べておくとよいと思います。