派遣社員の初めてのカードならアコムマスターカードが無難か?

クレジットカードについてネットで調べていると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを契約していてもクレカは作れるの?ということです。

そういったHPの中で、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは特に関係ないという人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

住宅ローンを問題なく返済できていれば審査では逆にプラスに判断されることもあるくらいです。

滞りなくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分が原因と考えたほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意からくる公共料金や携帯料金の払い忘れなどです。

クレジットカードが欲しいと思い調べてみるとカードを発行している会社やカードの種類が多くてなにを選べばいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を持っている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社も中にはあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉を聞いたこともあると思いますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。

自分から申し込みを行うカードはゴールドカードまでとなっています。

カード審査では年収と信用情報が重要と言われています。

カード会社選びにランキングサイトも活用してみてください。

買い物をする際に現金の持ち合わせがないときやネットショッピングなど利用する場面の増えているアコムマスターカードですが新社会人の方などはまだ所持していないことがあります。

最近では、ライブなどのイベントで転売防止で電子チケットが採用されることも増え、先行抽選時はクレカ払いのみなんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない人は諦めてしまうこともありますがカード会社を選べば即日発行も可能なことがあります。

イオンカードやアコムなどの消費者金融系のカード会社の場合、流れとしてはWEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、審査に合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。

ショッピングをするときに便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行は可能なの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカード発行は不可能です。

基本的に申し込み時に審査が必ずあります。

なぜ審査をするかというとカード会社からすると支払いを建て替えたけどお金が返ってこないということを避けたいからです。

そのため、申し込みが入ると申込者の年収からいくらまで貸せるか、前に返済を滞納していたことがないかを確認しています。

若い人が増えてきているのが携帯料金の未払いです。

そのため、公共料金や携帯料金の支払いに気をつけましょう。

ここ数年、イベントのチケットなどが電子チケット化し始め、クレジットカードが必要な場面も増えてきました。

現在、クレカを使っている方はいいのですが使っていない場合は各カード会社に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを発行する場合、特に心配なのが審査がどうなっているのか、基準は厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、継続して安定した収入があるのかという部分と金融業界でクレジットヒストリーと呼ばれる信用情報です。

収入面は返済能力に問題がないか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを発行元は見ています。

就職をして社会人になった際のアドバイスでできるだけ早く用意したいものとしてアコムマスターカードを挙げる人も多いそうです。

できれば大学生のうちに持つべきという人もいるくらいです。

どうしてかというと、早いうちからクレカ決済を利用してクレジットヒストリーが出来上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローン審査で有利になります。

逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際にマイナスに作用します。

クレカの支払いだけでなく水道料金や最近多くなっている携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

高額な買い物をするときの支払い方法を皆さんはどうしていますか?現金主義な人の場合は現金払いだと思いますが多くの方はクレジットカードを使う方が多いのではないでしょうか。

便利な反面、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを発行しないと当然ですがカード払いはできません。

ここでは、初めてカードを発行するときについて説明します。

申し込みをするには買い物先で申し込む方法や手軽にできるネットでの申し込みがあります。

申し込みをする際に年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

カード審査の期間は即日出ることが多いですが実際にカードが手元に届くまではもう少し時間がかかります。

参考:派遣社員でも作れるアコムマスターカードとは?【審査在籍確認は?】

よくコマーシャルなどで見るアコムマスターカード会社と聞いて思い浮かべるのはどの会社ですか?多くの人は楽天カードをイメージするのではないでしょうか。

その結果か、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカが欲しいと現在思っている方は審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思い、実際に調べてみました。

審査基準を公開していませんが審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたクレジットなどの信用取引履歴です。

勤務先の情報などうっかりで入力ミスをした場合でも虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性があるので気をつけてください。

クレジットカードを申し込んだ時にカード会社側には収入証明を提出していないのにどうやって収入を確認しているのでしょうか。

実は審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の企業の年収の平均を知る方法がないので当然のことですね。

そのため、どんな風に年収情報をチェックしているのかというと過去の利用者の中から申込者の働いている業界、職種で勤続年数が何年くらいだからそのデータと照らし合わせて怪しい部分がないか見ています。

そのため、よほどの乖離がなければ本人申告された年収で評価が行われます。

そのため、よほどの乖離がなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

申し込み内容が怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

アコムマスターカードをまだ利用していない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでいないという人もいるようです。

契約社員やアルバイトではカードが作れないというカードが作れないという話の影響も多少ありそうです。

結果から言うと非正規雇用でも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを申し込む際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に問題がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方で30代以上の方向けと言うように設定されています。